デザインについての勉強

by author



デザインについて数年間でいくつかの項目の勉強をした時期があります。


総合的なことを勉強するコースだったので、教わったあとは個人での実践です。


デッサンについては鉛筆から始まり数回後には、水彩絵の具を使用です。

本格的な材料のことも知らなかったのですが、デザインの材料がそろっているお店に通ううちに少しづつではありますが、材料の良さが理解できるようになります。
設計についての勉強は繊細でいて大胆な本格的な時間です。


考えたデザインを図面にしていく過程は写真や雑誌の切り抜きを使います。白紙の大きなデザインの用紙に自分の理想の形をつくっていけるというのは、楽しくもあり緊張の瞬間です。用紙の大きさに考えているデザインがまとまらず時間が経っても作業が進まず真っ白な状態のままです。

行き詰まったときには一度目を離してみるのがいいです。
外を歩き街並みを見たりリラックスすることで真っ白な用紙に向き合えます。

デザインするという事は個性を強調しすぎてもいけない個性がなさすぎてもいけない自分との葛藤のようです。

自信がなく納得がいかないとき人からの高評価をいただけたりもします。

自分では力を出しきり自信満々のときにはやり直しの声があったりします。

これが最高というもの等はなくどこまでもアイデアを考え形にしていくのです。

同じデザインはなく常に新しいことへの追求です。

http://matome.naver.jp/odai/2139843570603475301
http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7838
http://matome.naver.jp/odai/2138799341876671701

手提げ紙袋関する情報選びといえばこちらのサイトです。

一流の神戸の折込チラシ情報なら、こちらをご参考にしてください。

安心できる期間工求人のおすすめを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

七五三のための写真スタジオ関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

野菜パウダーの印刷の情報をご提供しています。