デザイナーはどんなことを考えてデザインしているか

by author



デザインとは見た目を美しくすることだという認識が一般的ですが、実はそれだけではありません。
デザインというのは、悩みを解決することなのです。
ですから、デザイナーはデザインを考えるときは、悩みを解消するにはどうすればいいかということを考えているのです。例えば、椅子のデザインを考えるときは、見た目の美しさだけではなく、いかに座り心地を良くするかを考えます。
重要なのは、機能性なのです。

次は、ティーカップについて考えてみます。


ティーカップというのは、一見すると、見た目の美しさを追求しているように見えます。

野菜パウダーの情報が沢山詰まったサイトです。

しかし、値段の高いティーカップというのは見た目が美しいというだけではなく、機能的なのです。

まず、値段の高いティーカップは軽いです。
非常に持ちやすいのです。比べてみるとわかりますが、値段の安いティーカップというのは重いです。

そして、値段の高いティーカップは、紅茶がおいしく飲むことができるような形状になっているのです。


ワイングラスがワインの香りを楽しめるような形状になっていることはよく知られていますが、紅茶も同じなのです。


飲み口が飲みやすいように少しそっているティーカップもあります。

独自性の高い期間工求人のおすすめ情報サイトです。

これは、見ただけではわかりません。


大阪の新聞折込について考察してみましょう。

実際に口をつけたときにわかるようになっています。

値段が高いものは、それなりに理由があるということです。




デザイナーは、日常生活の中で不満に感じることを見つけます。



そして、その不満を解消するにはどうすればいいかを考えます。


こうして新しい商品が生み出されるのです。


http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=AO95910
http://top.tsite.jp/lifestyle/interior/i/25392243/
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5512170.html