データを印刷用にするためには

by author



データを印刷用に設定していくためにはどのくらいの大きさで使われるものであるのかということを考えておく必要があります。

デジタルデータを印刷する場合には解像度という値が重要です。

有名な七五三の写真をわかりやすく説明しています。

数字が高いほど密度の高いものになるので細やかな表現をすることができるようになります。

ただ細やかな表現をするということではなく、デザインの用途に合わせて印刷を工夫していくことで最適化を図ることができるようになります。


遠くから見るものや、大きな印刷物を作成するという場合などには解像度が多少低くても見るときには問題ないということがあるのです。

最近何かと話題のプロフィールムービーについて詳しく知りたいならこちらです。

これは、全景が見渡せるような距離であるのならば粗が目立たないということもありますし割り切った作成ができるとその分だけコストカットをしたり作業効率を向上させるということができるようになるので基本のデザイン部分に注力する余裕を産むことができるようになります。

新聞折込情報を探しましょう。

逆に名刺サイズのものなど目を近づけてみるような印刷物を作成するというときにはしっかりと解像度の高いデータにしておく必要があります。dpiと呼ばれる面積あたりの細かさは実際に使用するプリンターとの相性を見ながら設定していくことでより良いものを作ることができるようになります。


紙袋の価格の情報を提供中です。

色のパラメータについても光ではなくインクに合わせたCMYKに変換しておくことを忘れないようにすることで微調整をする際などにやりやすくなりますし、特色が必要であるかという判断もできるようになります。

ショッパーの制作の情報をまとめました。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5737309.html
https://i.4meee.com/articles/view/1000789
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1051954190